サプリメント

便秘になりやすい食生活って?

便秘になりやすい、もしくは慢性的に便秘症である方の多くは、便秘を引き起こしやすい食生活を送っていると言われています。
遺伝的体質や生活習慣、ストレスなどさまざまな要素がからんでいる場合もありますが、便秘というのは便がスムーズに排出されない症状のことですから、排出されやすい便を作ってあげる食生活が大切です。
便秘になりやすい食事に多いものが、食物繊維が含まれていない、もしくはほとんど摂取できないメニューです。
肉や魚などからたんぱく質、脂肪分を摂取しても、便は食物繊維が少なければ固くなり、排出されにくく便秘解消できにくくなります。
食物繊維には水溶性と不溶性の二種類があり、水溶性のものは消化吸収を穏やかにして便に水分を与える役割があり、不溶性のものは小腸を刺激して便秘解消、さらに免疫系の活性化にも繋がります。
りんごやこんにゃく、ごぼうなど幅広い食材から豊富に食物繊維を摂取するようにしましょう。

また、米やパンなどの穀物を摂ってばかりで、その他の栄養素が欠如しているメニューも便通にはよくありません。
チャーハンやおにぎりだけで食事を済ませてしまったり、トーストだけ、あるいは何もつけずにパンだけを食べる食事も排便に必要な栄養素が摂取しにくいと考えられます。
主食がメインの食事には、食物繊維を補える食品や飲料をプラスすると良いでしょう。

同様に、ご飯やパンに肉や魚を組み合わせた食品も炭水化物とたんぱく質(脂質)しか摂取できないため、食物繊維が欠けてしまいます。
こちらも同様に、野菜や飲料などと組み合わせて食物繊維を補うよう工夫が必要です。
便秘解消に関わらず、ダイエットには水分の摂取が必須です。
運動・入浴など汗をかくシーンはもちろん、食事の時にも必ず水分を摂取しなければ便秘が起こりやすいと言われています。
特にダイエットで食事制限をしている方は食品や食材から水分を摂取しにくくなりますので、水やお茶などの水分はきちんと摂取するようにしましょう。


このページの先頭へ