サプリメント

便秘になりやすい生活習慣って?

便秘とは、その日のうちに便通がなく、腸内に便が停滞している状態を指します。
1日おきや2日おきなど短い間隔であっても、毎日便通がない限りは便秘として扱われます。
便秘解消ができない原因には、第一に生活習慣があげられます。
運動や食事、睡眠など私たちが普段行っている習慣というのは実は便通にとても関係があります。
特に食事については誰もが知っていることですが、野菜などの食物繊維や、便を柔らかくしてくれるマグネシウムなどのミネラル類を欠かさず摂るように心がけたいものです。

一時期流行した断食ダイエットなどは、食事の量を減らすことで胃腸にかかる負担を減らし、体内を正常に戻す役割が期待できると言われています。
しかし、いくら断食をしても食べ物が偏っていては意味がありません。
言うまでもなく、野菜やヨーグルトなど便秘解消に効く食品を優先的に摂取していても、食事量自体が少なすぎると消化吸収そのものが遅れ、排便が滞ってしまう可能性もあります。

いくら太っているとはいえ、過度な食事制限は空腹感との戦いであり、栄養不足による肌荒れや精神的負荷もかかってきます。
便が固くなる原因の一つにはストレスhttp://benpicaisyou.com/a02-01-003.htmlも挙げられていますから、無理のない範囲で食事を減らしたり、栄養バランスを考えた食事をするなどの工夫が必要です。

また生活習慣の中で欠かせない要素として、運動があります。
運動といっても激しいものでなくてもOKで、階段の昇降や10分程度のウォーキングも運動のうちに含まれます。
適度に汗をかいたり、血流を循環させてあげることで腸の活性化に繋がり、運動中に水分補給をすることで体に必要な水分をしっかりと吸収することができます。

便秘解消に欠かせない要素の三つ目としては睡眠が挙げられます。
一日5時間から8時間程度の睡眠が理想的とされていますが、人によって理想的な睡眠時間は異なります。
いずれにしてもストレスを緩和させ、翌日の生活に繋げるものですから、便秘にお悩みの方は睡眠のサイクルや時間などを見直してみると良いでしょう。


このページの先頭へ