サプリメント

子供の便秘解消法方法

ストレス社会に置かれているのは大人ばかりでなく子供も同じです。
現代人に多いとされている便秘についても、小学生から高校生まで幅広い年齢層のお子さんが発症するといわれています。
そこで今回は、子供の便秘解消法について考えてみたいと思います。
子供の便秘には、1日や2日など間隔を空けた排便が起きる、下痢と便秘を繰り返す、便がとにかく固くなるなどの症状があります。
これに食欲不振や吐き気、頭痛などの症状が併発すればさらに重い便秘であると考えられます。

便秘解消ができないのは年齢に関わらず、腸内環境の悪化が原因となっています。
まれに遺伝的要因を持つ方もいらっしゃいますが、ストレスや食生活、生活習慣によって腸内環境は悪化しやすく、特に現代人は肉や油ものが中心の食事が多いため、食物繊維やミネラル類など便通に良い影響を与える栄養成分を食事から補わなくてはなりません。
子供のうちは味覚が発達しておらず、お菓子やジャンクフードなど美味しいものしか食べたくない子も少なくありません。
しかしあまりにも好き嫌いをしているといつしか栄養が偏っていき、体が作られる時期に満足な栄養が取れず、便秘にもなりやすい特徴があります。

子供のうちは周囲の環境や食事、健康状態などによっても左右されますから、便秘だけでなく軟便や下痢なども起きやすいと考えられます。
そのため、便秘解消し慢性化させないためにも常に腸内環境は良好に維持しておきたいところ。
2歳から4歳にかけて、離乳食を離れて通常の食事に切り替わる頃から、できるだけまんべんなく栄養が摂れるような食生活をさせてあげましょう。

食物繊維を含む野菜や果物を食べさせてあげることはもちろんですが、便秘の解消には水分も必要不可欠です。
ジュースなど砂糖が多く含まれた清涼飲料水は生活習慣病のリスクを高めます。
お子さんが小さいうちから、人間にもっとも必要なものは水であるということをちゃんと教えて、好きなものだけに偏らない生活を心がけさせてあげましょう。

このページの先頭へ